加入のご案内

出雲医療生協では、当生協の病院や診療所、介護事業をご利用の皆様には出雲医療生協への加入をお願いしています。

ご加入の流れ

1.加入はどなたでもできます。

出資金(1口=1000円)からできます。出資金は寄付ではありません。
組合員の皆さん個人の出資金として取り扱います。生協は、この出資金を医療や介護事業に利用させて頂きます。

2.医療生協は組合員が主人公

病院や診療証などの運営や利用に組合員が参加するのが生協です。ともに活動を進める仲間に、是非ご協力願います。

3.お申し込み・お問い合わせ先

各種お申し込み書類につきましては、下記までお願い致します。
〒693-0021 島根県出雲市塩冶町1536-1 生協事務局
TEL:0853-21-2735
ご質問などのお問い合わせは下記までお願い致します。
総務課 TEL:0853-21-2735 FAX:0853-25-0622
組織課 TEL:0853-21-8108

※出雲市民病院や出雲市民リハビリテーション病院などの事業所でも取り扱いを致します。

各種書式

組合員の解約(減口等)、住所変更、名義変更、「睡眠組合員」について

出雲医療生活協同組合員(以下、組合)を脱退する場合は、「自由脱退」及び「法定脱退」となります。

■自由脱退

組合員本人による意志で、脱退を申し出ることを指します。

■法定脱退

組合の定款が定める区域外(県外)に転居された場合、若しくは組合員本人が死亡された場合をいいます。組合員本人の方が死亡された場合は、出来るだけご家族の皆様よりお申し出願います。なお生協の活動はご家族の皆様へもご案内いておりましたので、ご家族の中で組合員として名義変更をして頂ければ喜びます。宜しくお願い致します。

この場合の手続き、及び出資金の取り扱いについては、下段のQ&Aの他、生協事務局までお申し出ください。
◎名義変更・・・・故人の「規約手続き」+「新規加入手続き」となります。
◎住所変更・・・・生協事務局までお申し出ください。

「住所変更」、「名義変更」について

組合員本人の方が住所を変更された場合は、速やかに生協事務局までお申し出ください。また組合員名義を変更される場合も手続きが必要となりますので、同じく生協事務局までご連絡願います。

「睡眠組合員」について

長期(3年)にわたり住所の変更届け出ながなく、組合員本人の居住が不明で連絡がとれない場合、定款の定めにより理事会で脱退処理をする場合があります。

各種書式

よくあるご質問

組合員になることって、どういうこと?
医療生協の事業所等は、基本的には組合員さんが利用する為の施設であり、サービスです。医療生協は、医療や健康・くらしの問題を持ち寄って願いを実現するために、自ら出資し、病院や診療所や介護事業所の利用や運営・健康づくりの活動などの利用や運営に参加するという仕組みで運営しています。
生協の理念や事業の目的に賛同して「出資」した人を「組合員」といいます。
組合員どうしがつながり、支え合うことで、一人では解決できない医療・介護などの問題も、改善・解決していくことができます。その一員になるということが組合員になるということです。
組合員になったらどんないいことがあるの?
医療生協は組合員が地域に支部をつくっており、地域の人たちの健康づくりに役に立つ活動に取り組んでいます。
その利用はもちろん、企画づくりに参加をすることもできるので、そのなかで問題の解決や要求を実現することができるわけです。
そのほか
 ・出雲医療生協の診療案内・機関紙「すこやか」が毎月無料で届けられます。
 ・班会や支部の企画に、医師をはじめ医療や介護や社会福祉の専門職の講師派遣ができます。
 ・健康教室などにより健康づくりのリーダー育成ができます。
 ・班会など、健康づくりや学習の集いの場に参加できます。
 ・通院や当事業所にご入院中の方のお見舞い等に、出雲医療生協が各地域に運行している送迎バスを無料で利用できます。
健康づくり活動への参加を通じて、つながりづくり・仲間づくりの輪の一員になることができます。
出雲医療生協の医療機関を利用できるとともに、人間ドックや一部オプション検査の割引・診断書料の1割引きなど組合員料金で利用できます。
別の病院にもかかっているの、組合員にならんでもいいかと思うが。
かかりつけの病院はこれからもご利用いただいたらよいと思います。
かかりつけを利用しながら、また病気を持ちながらも、より健康な暮らしができるように、組合員と職員とが協力しあって健康づくりを応援していくのが医療生協の役割の一つです。
班会での健康チェックや、学習会、健康づくりのイベントへの参加など、幅広い利用の仕方があります。
その輪が広がって、まちづくりにもつながることを願って組合員さんを増やしています。是非、ご加入ください。
組織とか団体に入いると、いろいろなことをしないといけないのでは?
医療生協は、組合員さんの自主的な活動を大事にしているので、活動を強制するようなことは決してありませんし、プライバシーも守っています。
医療生協は、いろいろな利用の仕方、参加の仕方があります。
機関紙「すこやか」や支部ニュース等をお読みいただくだけでも十分です。
支部や医療生協全体でのイベントや学習会のお知らせやお誘いをすることがあるかもしれません。気が向いたらご参加いただいたらよいと思います。
「出資金」って何? 「寄付」ではないの?
出資金は医療・介護事業や、地域での健康づくり活動の元手として使われます。事業を進めるために、金融機関から借りることに頼らず、医療生協の自己資本としての出資金を広く組合員から預かることに努めています。
出資金は「寄付」ではなく、組合員からお預かりしているお金なので、県外への転出(出雲医療生協の定款では、組合員は島根県内在住に限る)・死亡・そのほかの理由で脱退をする場合には全額お返しするものです。
また、出資金の一部をお返しする「減資」もできます。

<出資金を増やすには(増資)>
お一人の出資金持高の上限は、300万円です。
 ・口座引き落としによる積立型
 ・班会等のたびに現金で積み立て
 ・ご都合のよい時に増資

<出資金を減らすには(減資)>
出雲医療生活協同組合の定款(法人の目的・組織・業務などに関する基本規則)どおりの取り扱いとなります。

※出雲医療生協 定款第17条 組合員は、やむを得ない理由があるときは、事業年度の末日の90日前までに減少しようとする出資口数(出資1口1000円)をこの組合に予告し、当該事業年度の終わりにおいて出資口数を減少することができます。
つまり、金融機関のようにすぐに引き出すことが出来ません。
1月1日~12月31日までに「減資」の申込みをすると、翌年の3月31日以降にお支払いとなります。
※現在上記のような取決めがありますが、実情に合わせてお取扱い致しております。医療生協事務局までご相談ください。

このページのトップへ戻る