お知らせ

news理事及び支部の組合員の方々より事業所職員へ激励のマスクが贈呈されました!

2021年03月31日

 出雲医療生協の地域選出理事の方より「病院や診療所などの職員は新型コロナウイルス感染症への対応や感染防止に大変な苦労をされている。ぜひ激励してあげたい!」との発議が昨年秋の理事会であり、その後理事有志の皆さんが生協の全支部へ訪問をされ支援の募金活動を呼びかけられました。2月末までに275,191円が寄せられ、これをマスク購入に充て、3月30日(火)に病院職員への贈呈式が行われました。更にマスク以外にも地域の組合員さんからの激励メッセージ137枚とお菓子も添えての贈呈式となりました。出雲市民病院では、この内容を翌31日の朝礼で写真付きの日誌で紹介をし、御礼と職員へは引き続き、コロナに負けずに頑張ろうと呼びかけがありました。理事の皆様をはじめお気持ちをお寄せ頂きました組合員の皆様へ心より御礼申し上げます。(川本専務)

※贈呈頂いたマスク等は出雲市民リハビリテーション病院、大曲診療所など全事業所の職員分も含まれています。

左より理事会代表の高橋理事、笛吹(うすい)理事。隣は出雲市民病院の小松院長及び安喰看護部長。

※お礼の職場写真  出雲市民病院、生協事務局、在宅支援センターより

※リハビリ病院の職員からもマスク以外のお菓子への感謝の写真が発信されました。マスクも感謝です!!

※大曲診療所の皆さんからも感謝の記念撮影です!

一覧に戻る

このページのトップへ戻る